美容オイルおすすめランキングNAVI
ヘッダー

美容オイルと食用オイルの違い

    


美容液として顔に使うのはもちろん、
頭皮や身体のマッサージをする時、
さらネイルケアやハンドケアにも
利用出来るのが美容オイルです。


美容オイル


身体のいたるところに利用できて、
しかも肌質を問わず
スキンケアが出来ることが
大きな魅力の美容オイルは、
最近女性に大人気ですね。






植物性オイルと動物性オイル


美容オイルには植物性と動物性があり、
動物性のオイルだと、スクワランや馬油などがあります。


植物性の美容オイルでは
ホホバオイルやアルガンオイルなどが有名です。


これらの植物性のオイルは、
植物の果実やナッツ類などから
抽出されたオイル成分を
美容に利用しているのです。




また、植物性の美容オイルの中には、
食用オイルとしても知られる
オリーブオイルやごま油、
マカダミアナッツオイルや
ココナッツオイルなども有名です。


これらの「オイル」は
食用オイルであっても、美容オイルであっても、
同じナッツ類や果実の油分を
抽出して作られているオイル。


いったいどこが違うのでしょうか。






食用オイルをスキンケアに使ってもいいけれど…


食用オイルと美容オイルは
製造方法や純度などが違います



もちろん同じ原料から
作られているオイルなので、
食用オイルをお肌に塗っても
何も問題はありません



食用オイル


ただ、美容オイルの方が
使用感がより良くなっています


美容オイルは、
お肌に塗ってマッサージしやすいように
ザラザラ感や臭みなどを抜いています。


ですので、美容オイルの方が
使用感が良く、値段も高くなるのです。






食用オイルは添加物が入っていることも!


食用のオイルの中には、
100%天然由来のものではないものも

たくさんあります。


スーパーなどで販売されている
安い食用オイルの場合、
腐敗するのを防ぐための
酸化防止剤が配合
されています。




オイルはどれも光や空気にとても弱いので、
酸化防止剤を配合しないと
商品として売ることが出来ないのです。


オリーブ


もちろん、このような
添加物の入った食用オイルで
顔や全身をマッサージをしてしまうと…。


どんなことになるかは分かりますよね。


肌が弱い人であれば、
赤く湿疹や痒みを起こしてしまう

可能性があるでしょう。


ですので、食用オイルは
毎日のスキンケアには
極力使用しないように
しましょう。






美容オイルを選ぶときは「純度の高い無添加」のものを!


また、美容オイルのなかにも
添加物が入っていたり
純度の低いものがあります。


このような美容オイルは、
残念ながら美肌効果などは
ほとんど期待出来ないでしょう。




肌を美しく整えるために
美容オイルを選ぶのであれば
純度100%、
防腐剤などの添加物が入っていない
美容オイルがおススメ
ですよ。